イベント詳細:ええやん!若狭の國 若狭おばま観光協会公式サイト

常高院墓所 (じょうこういんぼしょ)
  • 【 カテゴリ:史跡 】

常高院墓所

 常高寺の山門をはいり左側のコンクリートの階段を登ると国道27号線が通っています。そしてこの国道を横断して老樹のうっそうとしたところまで登ると、常高院の墓があります。
 浅井長政とお市の方の次女「初」として生まれた京極高次の室、常高院は、長女の茶々が豊臣秀吉の側室、淀君であり、三女のお江は徳川秀忠の正室であったため、大阪冬の陣、夏の陣に際しては西の豊臣、東の徳川の仲直りに奔走しました。
その労は報われなかったものの、寛永7年(1630)に大津城から移り住んだ後瀬山城を見上げる位置に常高寺を創建し禅行を極め、徳川幕府から朱印状と寺領三百石の寄進を受けました。
 その3年後、寛永10年(1633)8月27日、江戸で66歳波乱に満ちた生涯を終え、同年10月6日当所に葬られました。
この墓は、7人の尼僧らの墓に囲まれて小浜の海を見おろしています。

拝観料 300円

臨済宗妙心寺派
小浜市浅間 TEL.0770-53-2327

舞鶴若狭自動車道小浜西ICから車で10分

住所 小浜市小浜浅間1
アクセスマップ
ページトップにもどる